院長ブログ

2017.01.18更新

咀嚼(そしゃく)とは噛むことを言います。

食事の時に何回噛んでいるか意識したことはありますか?
咀嚼は1口30回以上しましょうと言われています。
咀嚼をすることで唾液がでます。
噛む回数が少ない食事をしていると、唾液の分泌が悪くなると言われています。

唾液の分泌が悪くなると、虫歯や歯周病、口内炎などのお口のトラブルが出やすくなります。

唾液には様々な働きがあります。
殺菌作用や自浄作用という細菌の繁殖を抑制してお口を綺麗にする働きは、虫歯や歯周病を予防します。

唾液をだすためには、奥歯まで噛み締められる歯が必要です。

皆様の奥歯は前から7本左右にありますか?

耳下腺というところから出てくる唾液は上の奥歯の6番目と7番目あたりに出口があります。
奥歯があってもぐっと噛みしめなければ唾液は十分に出てきません。

奥歯までぐっと噛み締められるようによく歯を噛み合わせていくことが大切になります。

皆様、咀嚼を多くすることで虫歯や歯周病を予防できますので、食事をする時にはたくさん噛むように心がけてみてください。


2017.01.14更新

 
 
「2017年版 かかりつけにしたい あなたの街のいい歯医者さん」日本医院開業コンサルタント協会 編著
140Pに掲載されました。もしよろしければこちらの本を受付に置いてありますので、拝見してみてください。
 
 

2017.01.08更新

しらゆり歯科医院では80歳まで28本の歯を維持させようという運動を行っています。
自分の歯で80歳まで過ごすことができれば全身が健康的であるいう考えからこの運動を開始しました。
80歳で28本(矯正をされた方は24本)を達成された方には医院より表彰をさせていただきます。(自分の足で診療室に通院されている方に限ります)。
もし、この記事を読まれた方でもう達成していますという患者様がいましたら受付まで一言お願いいたします。

2016.12.05更新

2016年12月10日(土)11:00~17:00 ケーズデンキ 柏中央店にて
パナソニックの電動歯ブラシDOLTZ(ドルツ)の使い方の説明会と歯科相談会を開催いたします。
この度、ご縁がありましてパナソニックのDOLTZの電動歯ブラシをご紹介させて頂くことになりました。
私は歯周病治療を基盤とした歯科治療をおこなっていますが、
DOLTZの電動歯ブラシは手で磨くよりも早く歯垢を除去する効果が見られました。
さらに自分の歯で試してみると、バス法の当て方を利用すると歯周ポケット1mmの歯垢まで綺麗に除去できました。
このことから、正しく毛先を当てて使用することで歯周病予防の対策になると思い、
皆様へお伝えできればと思い、この企画を開催いたします。

歯肉の腫れが見られ歯周ポケットから出血が見られた方もDOLTZ使用後に歯肉が引き締まり、
歯周ポケットから出血が見られなくなりました。

もしご興味がありましたら、この日は店頭のブースにおりますので
お声をかけていただければと思います。

しらゆり歯科医院 院長 くぬぎ 初穂


2016.11.30更新

患者さまからメッセージをいただきました。
私は歯の治療をしているだけなのですが
この患者様からも様々な不定愁訴が改善されたご様子を伺いました。

毎日の診療の中で歯の治療に伴う身体の改善を患者様から直接体験談で教えてもらいます。
このような内容を伺うと
歯と身体のことをもっと解明していく必要性があると感じる日々です。

功刀先生いつもありがとうございます。
今日で金属からセラミックに変える治療(むし歯)が終わりまして、あと歯周病の治療4回程です。
本当お世話になりました。
今迄の金属の歯は噛み合わせもよくなかったのが、今回治療していただいてよくわかりました。
頭痛や難聴も金属アレルギーの他に噛み合わせも大きいのかな、と。
あまり歯のことは頓着してなかったのでこれからはしっかりケアしていきたいと思います☺
スタッフの皆さん、功刀先生、本当優しくて安心して治療が受けられます☺
また何かあったらよろしくお願いしますm(_ _)m

2016.11.30更新

その方があるとき初診で訪れました。
実は1年半の間、左側の耳鳴りに悩まされていたというのです。
歯の悩みとは関係無い出来事ですが、私はいつも興味深くその話を聞くことにしています。
その方の歯をよく観察すると、
左右ともに噛む面積が少なく、噛む高さも低くなっていた状態でした。
これでは奥歯でグッと噛みしめることはできないと判断し、
説明をしてグッと噛み締められる歯を造りましょうと治療を始めました。

噛みしめるための歯の咬合面と言われる面積を広くする治療を行ったところ
その1ヶ月後に、「耳鳴りが消えました」と笑顔で報告をしてくれました。
まずは噛むことの不都合を解消しようと思い、噛めるようにしただけで不定愁訴である耳鳴りが消える!
何度かそのような耳のトラブルが解消することに出会うと、歯は本当に重要なのだと再認識させられます。

患者様の声に耳を傾けて、その方の悩みに寄り添うことで
歯の痛みやトラブル以外のことが改善される経験。

歯の噛み合わせは本当に重要だと毎回、考えさせられます。

2016.03.08更新

問診票の記入などの手続きを行うため時間がかかります。保険証をお持ちになり15分前には受付にいらしてください。

2016.03.08更新

2016年3月からグリーンは9:00~17:00の診療になります。

2015.11.21更新

  しらゆり歯科医院 全身健康チェック
当てはまる項目はいくつありますか?

 ❑ 体温が36.2度以上である
 ❑ 1口30回 咀嚼している
 ❑ 鼻呼吸である
 ❑ よく笑顔でいる
 ❑ 睡眠をしっかり取っている
 ❑ 左右姿勢のバランスがとれている
 ❑ 活性酸素を抑える食材を摂取している
 ❑ カルシウムを含む食材を摂取している
 ❑ イライラしない状態にセルフコントロールできている
 ❑ タッピング音がはっきり聞こえる咬合である
 ❑ 舌の位置が硬口蓋に吸盤のように吸い付いている
 ❑ 唾液がよくでる
 ❑ 身体がほぐれている
 ❑ 片噛みでなく左右で噛んでいる
健康長寿を目指すためには
         しっかり噛める歯が重要な存在です。

2015.11.19更新

保険証提示時に日本国籍外の方のパスポートを拝見しております。ご協力お願いいたします。
前へ 前へ