院長ブログ

2015.05.12更新

2015年5月にいらした女性の患者さんの左下6番。

2005年にいらした時に1ヶ月近く腫れて排膿した歯だ。

大きく腫れてきて排膿が多かったので今でも覚えている。

この写真は昨年虫歯が出来て再度治療した時のもの。

根っこの病気はきちんと治療することにより長期に健康を保つことができる。




 

 

 左の写真から2005年当時の左下6番に根尖病巣と言われる膿の袋ができているのが見える。

 今ではすっかり膿の袋は消失して骨に置き換わっている。

 彼女は先日旅行に行った時に友達になったという歯科医師に
 
 被せ物だけ白いものを入れてもらったと話してくれた。

 その歯科医師が、「いい治療をしている歯科医院だからこれからも続けるといいよ」と話してくれたそうだ。
 同業者に認められるのはとても光栄である。


 

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ